会社員からの脱サラ、そして独立|自由ライフへの道のり

脱サラ、独立なんて言葉を聞くと、やっぱり会社員からしてみれば憧れ的なものではないでしょうか。
ただ、なかなか会社員の方々が脱サラできないには理由がありますね。

 

それは仮に、月収50万円継続的に儲かるビジネスマーケットがあるとしたなら、そしてそれがあなたにビジネスになるのであれば、
貴方は会社員をすかさず辞め、そのビジネスに入り込んでいくことでしょう。
つまり、会社員の方が脱サラできないのには、収入への不安とまたどのテーマでのビジネスをするかの方向性も決まっていないから何も行動に移せないことが脱サラできない点といえるでしょう。

 

ただ、脱サラ、独立をいつまでも口だけで言っているのも、なんかやるせないのではないでしょうか。
そんな訳で当サイトではそんな方々にサポートになる情報を共有していきます。

 

まず脱サラをするには、安定的な収入とビジネス、そして資金必要です。
そしてそられ全てを叶える誰でも簡単に参入できるビジネスがあります。それが転売ビジネスです。

 

誰でも簡単に参入ができるということは、競合が多く、稼ぎづらいのではないかと心配しますね。
でもご安心ください。あまりにもこの市場が大きく、競合がいても結局、それだけの需要があるため、問題ありません。

 

では、この転売では一体いくら稼げるのか、そのあたりを詳しく説明していきたいと思います。
まず、この転売ビジネスでは、稼げる額はぴんからきりまであります。どれだけ行動に移せるかが最大ポイントです。

 

転売ビジネスを分かりやすく例をあげてたとえるなら、小売業のスーパー、コンビニです。
つまり物を売り、仕入れ値との差額が利益となるビジネスなのです。
先ほど、どれだけ行動できるかが最大ポイントといいましたが、どういこうことかと言うと、どれだけ利益が出せる商品を、多数取り扱えるかという点です。

 

コンビニに仮に商品が10点しかない場合、仮にすべて売れたとしてその売り上げ、利益が微々たるものでしょう。
これを個人レベルの話にすれば、副業として数千円の利益があれば、良しとはできますが、ビジネスとして考えた場合、あまりにも、数字が低いですね。

 

ましてや、脱サラを考えている方であれば、転売ビジネスでの取り扱い数は、数百程度まで伸ばす必要があります。
仮に1商品の利益を1000円とした場合、?商品売れれば、10,000円の利益、100商品売れれば、100,000万円です。
これを大変と感じるか、否かはあなた次第ですが、実際、脱サラする際はこれほど程度の作業は必要になります。

 

もちろん会社員をしながら、地道に空いた時間を使い、コツコツやっていくことで、本業での収入を得つつも。転売での土台を作ることはできます。
私も、会社員をしながら土台は作ることはできましたが、特に脱サラの計画はなく、会社員としての給料と、転売での収入を得ることと非常に高い年収を築き上げることに成功している為、
これ以上転売で努力を積み重ねる必要まではなくなりました。

 

でももちろん私も転売はを10年間継続し、安定して月収30万円以上を稼いでいますので、脱サラをすることは可能ではあります。
仮に貴方が脱サラを強く希望されているようであれば、私の経験上ではコツコツ転売を学習して、実践してから3−4年ほどの期間があれば、
月収30万円以上程の収入を得て、脱サラへの一歩を踏み出すことが可能となるでしょう。